-

今では、カーナビは標準装備となりました。「ないと不便、考えられない」という人もいます。 しかし、いまから約20年前、カーナビの出始めの頃は、必要か、不必要か、仲間内でよく議論をしました。 不必要という仲間には、あんなコンピュータ音声でナビされるより、彼女にナビをしてほしいという人が多かったです。当時は、助手席の彼女にナビをしてもらい、到着したら、彼女の手作りのお弁当を食べるというのが、大学生の憧れでした。 一方、カーナビ必要派も、結構いました。助手席に乗ってくれる彼女がいないという者はもちろん、彼女は面倒という者もカーナビを歓迎していました。 というのも、助手席の彼女は、ナビをしたり、お弁当を作ってくれるだけではないからです。「ちょっと暑いんんだけど」とか、「寒いんだけど」ととも言います。これくらいならまだマシですが、他にも「さっきのところを右折って言ったでしょ」とか、「もっと違うBGMないの?」や「またデニーズ?」などいろんなことをぬかします。 それなら、純粋にナビだけしてくれるカーナビの方がよほどいいということでした。